日本文化への投資

様々な投資の形が生まれていますがそんな中でも純粋な金融商品だけではないところへの投資を考える時代が来ています。
そして、日本と言う切り口で考えたときにその投資先として最も力を持っている分野がジャパニーズカルチャーではないかと思います。

特にアニメや工芸といったところは世界でも類を見ない完成度や文化を持っていますので、このような分野に投資を行うことによって、結果的に大きなリターンを見返りとして得ることができる可能性も高くなっています。
もちろんのことながら単なるリターンを求めるだけではなく日本文化を応援すると言う観点でこのような活動を行うことが非常に重要になってくるのではないでしょうか。

現在、日本では製造業を始めなかなか力が強くないところが実態です。サービス業についても同様の状況であり、者としてなかなか力を示せない以上、このような無形文化であるジャパニーズカルチャーを世界に打って出す以外になかなか力を示すことが難しくなってきています。

もちろん、このようなジャパニーズカルチャーに特化したファンドもありますし、これらを世界に通って出るかと考えている方々も多くいますので金融機関を通してだけではなく、特定のファンドを通じて投資をしていくことも可能な時代になっています。
重要なのはどのようなカルチャーが世界で受けるかと言うことを自ら見極め、見返りを得ることができるかどうかをチェックすることになります。

これからの時代、言語や情報媒体の携帯を問わずいつでもどこでも誰でもすぐに利用することができる当たり前の時代になっています。即時性を持って日本のカルチャーを世界に訴えていくことができれば、さらにその能力を示すことができるようになるでしょう。

だからこそ、投資を行えばそれなりにメリットになるスパンも短くなってきます。
短期で投資を行い、短期で回収を行うことができるのであれば、より投資を行うメリットも大きくなっていくのではないかと思います。
結果として日本文化、ポップカルチャーを世界に広めていくと言う考え方がどんどん広がることで日本の産業力が高まっていくことにもつながるはずです。

日本人としての思いが強ければ強いほどこのような日本を応援すると言う形の投資を行うことに対して積極的になれるはず、そして小額でも構わないので投資をすることが日本の未来にもつながっていくはずです。
まだまだ日本の産業力はこのような考え方であれば伸びていくことが考えられます

SNSでもご購読できます。